ヒートショックとは?

外壁リフォーム施工件数

株式会社グローバルフィールド社

宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-7

TEL 022-352-1201

FAX 022-352-1202

会社概要

お問い合わせ

globalfield facebookページ

寒い時期に要注意!ヒートショックとは?原因と対策

ヒートショックとは?

ヒートショックとは、家の中での急激な温度変化によって血圧が急変することで身体に及ぼす悪影響のことを指します。

具体的な例としては、冬場に暖かい部屋→寒い浴室→暑い浴槽という大きな温度の変化で、血圧安定状態→血圧上昇→血圧低下という変化が起き、心臓に大きな負担がかかることです。

ヒートショックの危険性

消費者庁のデータでは、家庭の浴槽での溺死者数は10年間で約7割増加し、平成26年には4,866人となっています。
また、入浴中の事故死は冬季に多く、12月から2月にかけて、全体の約5割が発生しているというデータもあります。
これは冬場の寒い時期に起きる「ヒートショック」が原因の一つと言われているのです。

ヒートショックの予防法・対策方法

ヒートショックを防ぐ一番の対策は「気温の温度差を軽減する」ことです。
気温の温度差を軽減すると言っても具体的にどうすれば良いのでしょうか?いくつかご紹介いたします。

1.脱衣所を暖かくする

服を脱ぐことで一層寒さを感じる脱衣所に暖房器具を設置して暖める方法です。
脱衣場に暖房と聞くと大げさに感じかもしれませんが、ハロゲンヒーターなどの小型の暖房器具でも十分効果はあるかと思います。

2.浴室を暖かくする

浴室を暖める方法はいくつかあります。

  • 浴槽にお湯張るときにシャワーで高い位置からお湯を出す
  • 服を脱ぐ前に浴室内の壁や床にお湯をかける
  • 事前に浴槽の蓋を開けておく
  • 浴室暖房を使う

など、すぐ出きる方法で少しでも温度差を軽減することが出来ます。
また、高齢の方は一番風呂ではなく誰かが入ったあとに入ることで浴室内の温度が高い状態で入浴することが可能です。

3.お湯の温度を低めに設定する

温度差を軽減するための逆転の発送で、お湯の温度「下げる」ことで温度差の軽減を狙います。
暑いお風呂が好きだ!という方もいらっしゃいますが、39℃前後で設定することでのぼせ防止にもなります。

4.浴槽に入る前にかかり湯をする

寒いとどうしてもすぐに暖かいお湯に浸かりたいものですが、浴槽に入る前に手足などから先に身体にお湯をかけ、十分に体がお湯の温度に慣れてから入るようにしましょう。

5.リフォームで解決する

最後にリフォームによって急激な温度差を解消する方法です。一番効果的ではありますが、もちろん費用もかかります。
ここでは選択肢の一つとしてご紹介させていただければと思います。

今では浴室暖房や断熱材で覆われたユニットバス、お湯を霧状に噴射するミストサウナなど、暖かい浴室を実現するためのリフォームが存在します。
単に「寒い」という不安を解消するだけではなく、ヒートショックなどの危険性を回避するといった効果もあるのです。

まとめ~ヒートショックを未然に防ぐために~

ヒートショックの予防はご家族の認知と協力も必要です。
家族がヒートショックのことを理解し、入浴時の確認や入浴順の配慮を行うことで予防することが出きる部分もありますので、是非ご家族やお知り合いの方にもお話してみてください。