屋根・外壁リフォームの必要性と時期の目安

外壁リフォーム施工件数

株式会社グローバルフィールド社

宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-7

TEL 022-352-1201

FAX 022-352-1202

会社概要

お問い合わせ

globalfield facebookページ

屋根・外壁リフォームの必要性と時期の目安

屋根・外壁の役割とは

屋根と外壁の役割は、家に住む人々が安心・快適に暮らすために「家を守ること」です。
屋根や外壁は、日光(紫外線)・雨(雪)・風・汚れなどを受け続けている住宅の中で一番過酷な状況に置かれているにもかかわらず、メンテナンスの必要性はあまり認知されていないのです。

日光(紫外線)・雨(雪)・風・汚れなどから家を守る効力は年月が経てば経つほど弱っていくため大事に至る前にメンテナンス(リフォーム)が必要なのです。

一番の天敵は水!

屋根や外壁が受けるダメージの中でも一番の天敵は雨などによる「水」の侵入です。
屋根や外壁が正常に機能していれば防水効果があり住宅内部に水が進入することはありません。
しかし劣化によって、水分が付着しやすくなり、内部に侵入しカビの発生や腐食、雨漏りといった被害に繋がります。
雨漏りの本当の恐怖は部屋が濡れることではなく、建物内部に水が侵入し木材などを腐食させ住宅の寿命に悪影響を及ぼすことなのです。

屋根・外壁リフォームの必要性

日々のダメージによって、本来の防水性や防汚性、強度といった「家を守る機能」が低下します。
そのため「家を守る機能」を復活させるリフォームが必要になるのです。
屋根や外壁といった外観のリフォームと聞くと「見た目を良くする」という点に目が行きがちですが、劣化した屋根・外壁を強くすることで家を守るという大きな目的があるのです。

屋根・外壁リフォーム時期の目安は?

屋根・外壁のリフォーム時期

住宅の「家を守る部分」には耐用年数があるのはご存知でしょうか?
一般的に屋根のリフォーム時期は7~10年に一度(スレート屋根の場合)、外壁は10年に一度の周期でリフォームを行うのが適切なタイミングと言われています。

しかしながら家を建てる際や、住宅購入の際にこれらのメンテナンスに関する話はされないことが多く、認知されていないという現状です。
実際に弊社からのご提案で外壁リフォームを行ったお客様の中で、外壁内に水が侵入し壁内の木材が腐食してしまっているケースがございました。この場合は下地から修繕する必要がありその分経費もかかってしまいます。
大事に至る前に、適切な時期にリフォームを行うことで、その家で暮らす人々にも、家計にも優しいということなのです。

外壁の劣化具合をチェック!

ご自宅の外壁に下記の症状が見られる場合補修・改修工事を検討されることをおすすめいたします。
1.外壁を手で触ると手が白くなる(チョーキング現象)
2.外壁・塗膜にひび割れがある
3.外壁パネル(サイディングボード)の剥がれ、浮きがある
4.外壁のつなぎ目(シーリング・コーキング)が割れている

  • 手で触ると手が白くなる

  • ひび割れがある

  • 剥がれ・浮きがある

  • つなぎ目が割れている

屋根の劣化具合をチェック!

ご自宅の屋根に下記の症状が見られる場合補修・改修工事を検討されることをおすすめいたします。
1.屋根にカビや藻が発生している
2.屋根材(瓦やコロニアル)が割れている
3.金属屋根(トタン屋根)が錆びている
4.屋根材が反っていたり浮いている箇所がある

  • カビや藻が生えている

  • ひび割れがある

  • サビがある

  • 屋根材が浮いている

家を守るリフォームの種類

塗装(塗り替え)

塗装

多くの人が真っ先に思い浮かぶリフォームは塗装(塗り替え)だと思います。
新たな塗料を塗ることで、防水性を高め、ツヤが蘇り、美観性が向上します。
ただし塗装は7~10年といった周期で塗り替える必要があります。

→外壁塗装・屋根塗装のリフォームについて詳しくはこちら

カバー工法(二重張り工法)

カバー工法

屋根・外壁のリフォーム=塗装というイメージが強いため、あまり認知度は高くありませんが、弊社でオススメしているのはカバー工法と呼ばれる、既存の屋根(外壁)の上から新たな屋根材(外壁材)を重ね張りするリフォームです。
塗装に比べ1回の施工にかかる費用は高価ですが、塗り直しの必要がなく、断熱材付きのパネルを使用することで断熱性・遮熱性・防音性・美観性を高める、メリットの多いリフォーム方法です。

カバー工法(二重張り工法)について

当社でおすすめしているカバー工法によるリフォームは、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果も得られます。詳しくは下記のページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

お住まいのお役立ち情報一覧へ