スタッフブログ

外壁リフォーム施工件数

株式会社グローバルフィールド社

宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-7

TEL 022-352-1201

FAX 022-352-1202

会社概要

お問い合わせ

globalfield facebookページ

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日も現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

ご紹介するのは宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

これまで、

1.材料搬入と下地の開口点検の様子

2.胴縁施工の様子

3.破風(はふ)の板金巻き施工の様子

4.専用部材(スターター)取付の様子

5.外壁設置物取り外しの様子

6.外壁パネル張りの様子

7.専用部材(見切縁)取付の様子

をお伝え致しました。

 

今回はご住宅の角に取り付ける専用部材「段出隅」の取付をご紹介を致します!

 

専用部材(段出隅)取付け

以前に外壁パネルの張り始めとなる、専用部材の「スターター」取付け、パネルの左右と上端に取り付ける「見切縁(みきりぶち)」の取付けをご紹介致しました。

今回はご住宅の「角」の外壁パネルのつなぎ目を覆うカバー、「段出隅」を取り付けていきます。

 

外壁リフォーム-段出隅取付け

 

 

段出隅を取り付ける前は、このように断熱材の断面が見えている状態です。

 

外壁リフォーム-段出隅取付け

 

 

段出隅は外壁パネルと同じ金属で出来ていてはめ込む形になっていますが、より強固に取り付けるためコーキング剤併用します。

 

外壁リフォーム-段出隅取付け

 

 

外壁パネルの柄に合わせて、段出隅をはめ込みます。

 

外壁リフォーム-段出隅取付け

 

外壁リフォーム-段出隅取付け

 

 

玄関周りの外壁を張り終えました!

これからはまた違う柄の外壁パネルを張っていきツートンに仕上がっていきますのでお楽しみに!

 

外壁リフォーム-段出隅取付け

 

 

本日現場からは以上です。

外壁リフォームの様子をお伝えしていきますのでお楽しみに!

 

これまでの記事

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

・外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日も現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

ご紹介するのは宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

これまで、

1.材料搬入と下地の開口点検の様子

2.胴縁施工の様子

3.破風(はふ)の板金巻き施工の様子

4.専用部材(スターター)取付の様子

5.外壁設置物取り外しの様子

6.外壁パネル張りの様子

をお伝え致しました。

 

今回は外壁パネルを張っていくために必要な専用部材「見切縁」取付のご紹介を致します!

 

専用部材(見切縁)取付け

以前外壁パネルの張り始めとなる、専用部材の「スターター取付け」をご紹介しましたが、今回はパネルの左右と上端に取り付ける「見切縁(みきりぶち)」という部材の取付けをご紹介致します。

 

こちらは見切縁を取り付ける前の写真です。既存の外壁に胴縁が取付けられた状態です。

 

外壁リフォーム-見切縁取り付け前

 

 

そして、見切縁をつけた状態がこちらです。

 

外壁リフォーム-見切縁取り付け後

 

コの字型の見切り縁に外壁パネルをはめ込むように設置していくため安定度も増して、しっかり縁取られることで見栄えも良くなります。

 

額縁施工

同じように窓回りにも見切縁を取付けます。これを額縁施工と呼びます。

直接外壁パネルと窓枠をコーキングでつなぐ方法とは見栄えに大きな差が出ます。

細かい部分ですが当社こだわりの施工方法です!

 

外壁リフォーム-額縁施工

 

本日現場からは以上です。

次回は外壁パネル施工の進捗をお届けする予定です!外壁パネルを張り上げていくと見る見るうちに外観が変貌していきます!お楽しみに!

 

これまでの記事

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

・外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル張り」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日も現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

ご紹介するのは宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

これまで、

1.材料搬入と下地の開口点検の様子

2.胴縁施工の様子

3.破風(はふ)の板金巻き施工の様子

4.専用部材(スターター)取付の様子

5.外壁設置物取り外しの様子

をお伝え致しました。

 

今回はいよいよご住宅が変化を遂げる、外壁パネル設置の工程をご紹介致します!

 

外壁パネル設置

これまでにご紹介してきました胴縁施工や専用部材の取り付けを経て、いよいよ「金属サイディング」という外壁パネル張りの工程になります。

 

外壁パネルを張る前はこのような状態でした。

 

外壁リフォーム-外壁パネル施工前

 

 

そして途中までですが、外壁パネルを張った状態がこちらです!

 

外壁リフォーム-外壁パネル施工中

 

玄関ドアのカラーとマッチしていておしゃれですね!完成が楽しみです!

 

外壁パネルの取り付け

外壁パネルは、施工する箇所の幅に応じて裁断し、下からビス止めして張っていきます。

パネル間のつなぎ目は、水が入り込まないようメーカー独自の形状でしっかりはめ込むため、コーキングは不要です。

 

外壁リフォーム-外壁パネル設置

 

 

外壁材を張る前に取り外したポストやインターホン等を元の位置に取り付けます。

 

外壁リフォーム-ポスト取り付け

 

 

本日現場からは以上です。

引き続き外壁リフォームの現場より施工の様子をお届けする予定です。お楽しみに!

 

これまでの記事

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

・外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日も現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

ご紹介するのは宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

これまで、

1.材料搬入と下地の開口点検の様子

2.胴縁施工の様子

3.破風(はふ)の板金巻き施工の様子

4.専用部材(スターター)取付の様子

をお伝え致しました。

 

今回は外壁工事を行う上で必要な、外壁設置物の取り外しをご紹介致します。

 

外壁設置物とは

当社でおすすめしている外壁リフォームは、既存の外壁の上から新たな外壁材を重ね張りする工法です。

そのため外壁に設置されているものは一度外す、もしくはずらし、新たな外壁を施工後に元通りに取り付ける必要があるのです。

 

設置物の主な例は、

・ポスト

・表札

・エアコン室外機

・ガスボンベ(ガスメーター、ガス管)

・給湯器(エコキュート等)

などがあります。

※給湯器など、壁から十分離れている場合は移動せずに済む場合もあります。 

 

 

ガスボンベやガス管、メーターの移動

今回はガス周りの取り外し、移動についてご紹介致します。

 

外壁リフォーム-ガスボンベ移動

 

このように、外壁にはガスメーターやガス管が付いており、ボンベも壁に密接しているため一度壁から離す必要があります。

ガスに関しては、設置しているガス屋さんに連絡を取り移動をお願いする必要があります。

 

 

外壁リフォーム-ガスボンベ移動

 

ガス屋さんにお願いしてボンベ、ガス管、ガスメーターを壁から取り外し、離した状態です。

完全に取り外したわけではないので、ガスは普段通り使用可能です。

 

このように、ガスはガス屋さんへ、エコキュートなどは設備屋さんへ連携を取りながら工事を進めて参ります。

 

 

本日現場からは以上です。

引き続き外壁リフォームの現場より施工の様子をお届けする予定です。お楽しみに!

 

これまでの記事

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

・外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日も現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

ご紹介するのは宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

これまで、

1.材料搬入と下地の開口点検の様子

2.胴縁施工の様子

3.破風(はふ)の板金巻き施工の様子

をお伝え致しました。

今回は胴縁施工が完了したので、画壁パネルを取り付けるために必要な「専用部材」の取付をご紹介致します。

 

胴縁施工が完了しました

専用部材取付の前に、前々回ご紹介した「胴縁施工」が完了しましたのでご紹介致します。

 

外壁リフォーム-胴縁施工完了

 

外壁全体に胴縁と呼ばれる下地を施工した状態になります。

 

 

専用部材(スターター)の取付け

 

胴縁施工が完了しましたら、外壁パネルを張っていくための部材を取り付けていきます。

下記写真の黒い部材が「スターター」と呼ばれる専用部材の一つです。

 

外壁リフォーム-専用部材取付

 

その名の通り、外壁パネルを張っていくスタートになる部分です。

外壁パネルは下から張っていくのですが、一番下のパネルはこのスターターに引っ掛けることで安定させる役割があります。もちろんパネルもビスでとめていきます。

 

 

Before ~スターター取り付け前~

外壁リフォーム-専用部材取付

 

After ~スターター取り付け後~

外壁リフォーム-専用部材取付

 

このスターターが、後々外壁パネルを張った際の見栄えにも大きく影響を与えます。

スターターがあることで引き締まりメリハリのある印象に仕上がるのです!

外壁バネル取付までお楽しみに!

 

 

本日現場からは以上です。

引き続き外壁リフォームの現場より施工の様子をお届けする予定です。お楽しみに!

 

これまでの記事

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

・外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

おしゃれな外壁リフォーム事例紹介~宮城県石巻市編~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日仙台は、29℃まで気温が上がるようです!熱中症にお気をつけ下さい!

さて、本日もおしゃれな外壁リフォームの施工事例をご紹介させていただきます!

 

お客様ご紹介

今回ご紹介するのは、平成25年2月にご成約いただきました、宮城県石巻市のS様邸です!

 

施工前のご住宅は、グレー系のタイル調の外壁材を使用したご住宅でした。

リフォームによってどのような変身を遂げるのでしょうか?

 

Before~施工前~

 

After~施工後~

 

リフォーム内容

外壁(金属サイディング二重張り施工)

使用外壁材 

タイレックス あぜくら(白雲)

本物のタイルを使用したホワイトカラー外壁材を全面に使用して仕上げました!

明るさが出て印象も変わりましたね!

 

S様とのご縁に感謝いたします。

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日も現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

ご紹介するのは宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

これまで、

1.材料搬入と下地の開口点検の様子

2.胴縁施工の様子

をお伝え致しました。

今回は破風(はふ)と呼ばれる部分の板金巻き工事をご紹介致します。

 

破風(はふ)板金巻き

破風(はふ)とは写真の矢印の部分のことを言います。

外壁工事で足場を組むため、屋根などと合わせて補修う工事されるケースが多いです。

 

施工前は塗膜が剥がれて傷んでおりました。

塗装での補修を行うことが多いのですが、今回のご住宅は破風の下地が木材で再塗装を行っても、下地の状態を見る限り塗膜が剥がれてしまう可能性があるため、板金巻き施工を行うことにしました。

 

破風

 

 

下記が施工後の写真になります。

見事に蘇りましたね!

 

破風板金巻き施工

 

 

本日現場からは以上です。

次回は外壁パネルを取り付けるために必要な専用部材取付の様子をお届けする予定です。お楽しみに!

 

これまでの記事

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

・外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日も現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

ご紹介するのは宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

前回は材料搬入と下地の開口点検の様子をお伝え致しました。

今回は胴縁施工の様子をお伝え致します。

 

胴縁施工

胴縁施工とは、既存の外壁に胴縁と呼ばれる木材をビス止めしていく作業です。

下記の写真では玄関周りの胴縁施工を行った状態です。

 

外壁リフォーム-胴縁施工

 

 

この厚さ18mmの胴縁によって、既存の外壁と新たに重ね張りする外壁の間に18mmの隙間を作ります。

この隙間が「通気層」と呼ばれ、湿気を壁内に留まらせずに換気をする重要な役割があるのです。

 

外壁リフォーム-胴縁施工

 

 

胴縁は既存の外壁の下地(木材)がある所にビス止めしていきます。

その際にビスが空回りする場合は下地が腐食している可能性があるため、下地を点検し、補修工事が必要となります。

 

外壁リフォーム-胴縁施工

 

このように既存外壁の下地材があるところを見極めて、等間隔にビス止めしていきます。

後々の工程で、この胴縁に対して新たな外壁材(金属サイディング)をビス止めしていきます。

 

 

本日現場からは以上です。

次回は外壁パネルを取り付けるために必要な専用部材取付の様子をお届けする予定です。お楽しみに!

 

これまでの記事

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

・外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」~宮城県柴田郡大河原町~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日は現在進行中の外壁リフォームの現場からお伝えします!

今回ご紹介するのは、宮城県柴田郡大河原町のA様邸です。

 

材料搬入~材料確認

まずは外壁材や下地となる木材などの材料を、予めお客様と打ち合わせをした場所に搬入します。

 

材料搬入

 

 

そして材料に不備はないかしっかり確認を行います。

この確認作業を怠ると後々工事スケジュールに影響が出るので念入りに行います。

 

材料確認

 

 

下地確認

当社でおすすめしている外壁の二重張り工法は、既存の外壁の上から新たな外壁材を張る工法なのですが、外壁材を張る前に既存の外壁の状態をしっかり確認します。

 

今回のご住宅は以前に塗装工事を行っており、浴室の外壁部分に塗膜の浮きが見られました。

 

外壁の痛み-塗膜の浮き 

 

 

この場合、壁の中身(下地)が腐食している可能性があるため、外壁を開口して確認する必要がございます。

塗膜が浮いてしまっており簡単に剥がれる状態でした。

 

塗膜の剥がれ

 

 

確認のため、開口工事をしていきます。

 

外壁の開口確認

 

外壁ボードを切断し、開口した状態です。

 

外壁の開口工事

 

 

既存の下地を確認した所、幸い下地の木材は傷んでおりませんでした!

下地の傷みが無かったのでこの場所は施主様に見て頂いた後にしっかり塞いで新たな外壁材を張っていきます。

 

外壁の開口工事

 

 

最後に

本日現場からは以上です。

次回は既存の外壁と新たな外壁の間に通気層を設けるための胴縁と呼ばれる下地施工の様子をお届けする予定ですのでお楽しみに!

 

現場掃除

 

P.S 最後に私もお客様のご住宅周りの掃除を行いました!

 

これまでの記事

・外壁リフォームの現場から①「材料搬入~下地点検」

外壁リフォームの現場から②「胴縁施工」

外壁リフォームの現場から③「破風板金巻き施工」

外壁リフォームの現場から④「専用部材(スターター)取付」

外壁リフォームの現場から⑤「外壁設置物取り外し」

外壁リフォームの現場から⑥「外壁パネル取り付け」

外壁リフォームの現場から⑦「専用部材(見切縁)取付」

外壁リフォームの現場から⑧「専用部材(段出隅)取付」

外壁リフォームの現場から⑨「外壁パネル取り付け進捗」

外壁リフォームの現場から⑩「通気層」

外壁リフォームの現場から⑪「専用部材(目地カバー)取付」

外壁リフォームの現場から⑫「コーキング(防水施工)の様子」

外壁リフォームの現場から⑬「工事完了!」

 

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら

おしゃれな外壁リフォーム事例紹介~宮城県多賀城市編~

いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます!

本日仙台は、昨日の暑さが嘘だったかのような肌寒い一日になりそうですね!

さて、本日もおしゃれな外壁リフォームの施工事例をご紹介させていただきます!

 

お客様ご紹介

今回ご紹介するのは、平成26年4月にご成約いただきました、宮城県多賀城市のH様邸です!

 

施工前のご住宅は、綺麗なガーデニングに調和する外壁、ウッドデッキ、パーゴラが特徴的なご住宅です。

リフォームによってどのような変身を遂げるのでしょうか?

 

Before~施工前~

 

After~施工後~

 

リフォーム内容

外壁(金属サイディング二重張り施工)、破風・軒天(塗装)

使用外壁材 

【全体】タイレックス あぜくら(白雲)

【ベランダ部】タイレックス あぜくら(漆黒)

本物のタイルを使用した外壁材をベランダ部で色を変えてツートンで施工致しました!

パーゴラのホワイトカラーとマッチした、ガーデニングの色合いが映えるご住宅になりましたね!

 

H様とのご縁に感謝いたします。

 

見た目が変わるだけではない「金属サイディング」リフォームとは?

当社でおすすめしている金属サイディングという外壁材は、見た目がおしゃれなだけでなく、断熱性・防音性・耐震性の向上といった効果もございます。詳しくは外壁リフォームのページにてご紹介しておりますのでご覧いただければ幸いです!

外壁リフォームのページはこちら