チラシ・ネット価格の上手な見方

外壁リフォーム施工件数

株式会社グローバルフィールド社

宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-7

TEL 022-352-1201

FAX 022-352-1202

会社概要

お問い合わせ

globalfield facebookページ

チラシ・ネットに載っているリフォーム価格の上手な見方

目を引く価格で掲載されているチラシ・ホームページ

リフォームに限らず、チラシやネットに掲載されている商品の価格を見て「安い!」「お得!」と感じたことは誰しも経験があると思います。
同時に「これって本当?」「実際はもっとかかるのでは?」と疑ってしまうことはありませんでしょうか?
これは人間の心理もあるかもしれませんが、無条件に全てを疑うのではなく上手な見方をして自分にとってお得なのか、価値があるのか、見極めるためのコツをご紹介いたします。

金額の幅が大きいリフォームの費用

リフォーム費用というのは、単純に商品代(材料代)や工事費だけではなく、施工前の状態や大きさ(面積)、追加オプションなどによって大きく変わってくることがほとんどです。

例えば外壁の塗装リフォームの場合、主に塗料代・工事費・仮設足場代などがかかりますが、その他にも住宅の形状や外壁面積(窓の大きさや数)、既存外壁の傷み具合・劣化具合などによって補修費も必要になったりと金額は変動してくるのです。

確認するポイントは「条件」

チラシやネットに掲載されている価格を見る際のポイントは「条件」です。
掲載されている価格は、どのような条件が含まれているのかをしっかり確認することが大切です。
具体的に条件にはどのようなものがあるか、いくつかご紹介致します。

どの商品なのか?(メーカー名・商品名)

基本的なことですが、メーカーはもちろん、商品自体が違うと機能や得られる効果など変わるため比較する際は同メーカー・同商品か確認が必要です。

例えば、単にトイレリフォームといっても各メーカー各商品を挙げると数十種類にもなり、値段もピンキリです。「トイレ」というくくりで考えるのではなく「A社〇〇というトイレ」というように商品名まで確認するようにしましょう。

商品の要件は?(グレード・サイズ・オプション)

メーカー名・商品名が同一だからといってまだ安心はできません。
同じ商品名の中でもグレードやサイズ、オプションの有無によって金額は変わるものがほとんどです。

例えばA社のBという商品名のシステムキッチンの中でも、グレードが5種類、大きさ(間口)のパターンが6種類、更にオプションが数十種類と、金額が変わってくる要素は多岐にわたります。
2つ以上の比較を行う際は商品名だけでなく、グレードやサイズ、オプション内容まで同一条件になっているか確認が必要です。
比較ではなく、1つの掲載価格について考える際は、実際のご自宅に該当するサイズやご希望の条件・オプションが含まれている商品かを確認するようにしましょう。

その他にかかる費用はないか?(工事代・足場代・材料処分代など)

掲載価格が商品代や材料代のみの金額になっていることもあります。
実際には商品代や材料代の他に、工事費用・仮設足場費用・材料処分費用などが必要なケースもあります。「工事費込み」や「足場代は別途」などと記載されていないか確認するようにしましょう。

ご自宅が該当しているか?(下地の素材や、現状の状態)

「現在の状態」や「既存の素材」の条件も確認しましょう。
現在の状態というのは例えば、お風呂のリフォームでユニットバスに交換する場合、現在のお風呂がユニットバスなのか、昔ながらの在来浴槽なのかで工事費が変わります。
また、カーポートの工事では、設置場所の地面が土なのかアスファルトなのかでも工事費は変わってくるといったケースもございます。
既存の素材というのは例えば、屋根塗装の場合に「コロニアル屋根の場合」などと素材の条件があることもあります。

施工面積は?【屋根・外壁リフォームの場合】

主に屋根リフォームや外壁のリフォームに言えることですが、屋根・外壁のリフォームは施工面積によっても金額が変わってくるため、チラシやネットには参考目安として「〇〇㎡の場合」「〇〇坪の場合」と条件が記されています。
施工面積は、お客様のご住宅の形状や大きさ等によって変わるため注意が必要です。
ご自宅の図面がある場合は確認してみると良いでしょう。
参考までに当社施工実績のデータですと、外壁面積は40坪~50坪(132㎡~165㎡)、屋根面積は100㎡~150㎡が平均的な面積です。

これらの「条件」を確認することで、価格を比較する際に掲載価格の「数字」だけで判断するのではなく、より正確な判断・比較が出来るようになります。
また、記載されていない不明な事項に関してはお問い合わせを行い確認する事ができるようになります。

相見積り時の注意点

以上のことを踏まえて、相見積りを取る際には商品名や施工内容が同一であることはもちろんですが、施工面積や商品サイズ、オプションなど全て同一の条件になっているのか確認するようにしましょう。
合計金額の数字だけで判断するのではなく、お見積りの詳細(上記でご説明した「条件」)をしっかりと確認することが大切です。

グローバルフィールド社では

このようにリフォームの価格というのは様々な条件によって変動するものです。
また、お客様のご住宅やご希望によっても変わってきます。
そのため当社ではお見積りのお問い合わせを頂いたお客様に対しては一度現地調査をさせて頂き、ご希望・ご要望を踏まえた上でお見積り・ご提案をさせていただいております。
お気軽にお問い合わせください。

お住まいのお役立ち情報一覧へ