雨漏りの原因と危険性

外壁リフォーム施工件数

株式会社グローバルフィールド社

宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-7

TEL 022-352-1201

FAX 022-352-1202

会社概要

お問い合わせ

globalfield facebookページ

雨漏りの原因と危険性~雨漏りしてからでは遅い!~

雨漏りが発生する原因~雨漏りはなぜ起きるのか~

屋根からの雨水侵入

雨漏りの原因として一番解りやすい原因としては「屋根の劣化」です。
板金屋根であれば、サビや板金のつなぎ目の緩み。
瓦屋根であれば、瓦のズレや割れ。
共通して考えられるものとしては下地の防水シートの劣化やズレ等が考えられます。
あとは残念な事ではありますが、新築時もしくはリフォーム時の施工ミスによって、微量ながら雨水が侵入していき蓄積されていったものが、コップから水が溢れるのと同じようにこぼれはじめ、柱をつたって住宅の内部のどこかから漏れてくる。といったケースが多いです。
雨漏りは築年数10年~20年位のご住宅多く見られます。

外壁からの雨水侵入

外壁からの雨漏りのケースは屋根に比べると少ないとは思います。
考えられるケースとしましては屋根と同じように新築時やリフォーム時の施工ミスが多いと考えられます。
施工時のボードサイディングのつなぎ目のコーキング処理や、釘穴の処理。
モルタル壁においてはモルタルを塗る厚みや乾燥の時間等様々考えられる事はあります。
あとは屋根と同様、下地の防水シート処理をしっかりとしてあるかどうかが重要です。これらが年数が経つにつれ劣化していくので当然雨漏りの原因には繋がっていきます。
また、ご住宅の壁面に接置されている「ベランダ」、「サッシ」、「配線関係」、「後付のエクステリア」等の接合部や穴からの雨水の侵入も比較的に多く確認はされています。

雨漏りの危険性

雨漏りの危険性

雨漏りの被害として真っ先に思いつくことは、住宅内が濡れてしまうということではないでしょうか?
しかし雨漏りとは、単純に目に見える所だけで起きている事ではないのです。
例えばリビングの天井から雨漏りがした場合は、その時には既に天井裏や壁の中の柱などをつたい、どこかに溜まってしまっている雨水が溢れ出てきていることなので、既に見えない所で柱が腐っていたり、カビやダニが大量に発生していることも十分に考えられます。
雨漏りで一番厄介なのが雨水の侵入箇所と水の経路が見つけにくいことなんです。
例えばご住宅の正面に向かって右側の屋根の先端から雨が侵入したとしても、出てくるときは正面向かって左側の一階部分から雨漏りがしたりするのです。
雨水が侵入した所から真っ直ぐ下に降りてはこないと言う事です。それは住宅の構造上、柱や断熱材や電気配線等、様々なものが住宅内部に存在するからなのです。

雨漏りを防ぐための事前対策

事前に防ぐ対策としましては、やはりプロによる診断と点検を5年に一度はやってもらうことがベストです。
「パッと見」は大丈夫であってもやはり屋根や外壁の防水性や、コーキングのつなぎ目のキレや劣化等は一般の方は見落としがちなのです。
その上で最適な対処方法で手直しをかけたり、リフォームをするのが一番の得策だと思います。
また、住宅内部においても湿度の問題や、トイレ・お風呂・キッチンといった水回りにおいて換気扇の活用方法等も一つのポイントになってきます。

雨漏りが発生した場合の応急処置

雨漏りが発生した場所に洗面器やバケツを置くこと位しかできないのが現状です。雨漏りが発生してしまうと屋根裏に入り原因を追究するしかないのです。
屋根裏に入ったからと言っても雨漏りは簡単に手直し程度で補修できるものではないので、まずは家を建てたメーカーさんやお近くのリフォーム会社さんへ連絡をしてきてもらう事が最善の対応になります。
雨漏りは、出どころは一つでも途中で何方向にも分かれていき溜まっていった順番に溢れ出てくるものなので、本当に複雑なものなのです。

雨漏りが発生してしまった方や、ご心配な方、弊社では無料診断も行っておりますので是非ご相談ください!

お住まいのお役立ち情報一覧へ