代表ご挨拶

外壁リフォーム施工件数

ずっと大切に住み続けて頂くために―
住宅ケアのプロフェッショナルとして、 人と地域を幸福にする
企業づくりを目指してまいります。


家は人と人をつなぐ場所。
家族はもちろん、地域とのご縁も家から始まります。

昨今、ITの普及で会話が減ったり、ご近所づきあいが希薄になったりということが問題視されています。このような時代だからこそ、人が集い、笑顔になれる家が必要であると私たちは考えています。

お客様が何十年もの間、毎日を過ごす大切な住処。
私たちは「感謝」「貢献」の心を持ち、常にお客様の目線に立つことで、常にお客様にご満足頂ける商品、サービスを提供し続けます。そして、住宅ケアのプロフェッショナルとして、関わる全ての人と地域を幸福にする企業づくりを目指して参ります。

 

外壁リフォームに対する想い

私が独立する以前の勤め先の親会社が北海道札幌市に本社があり、住宅寿命を考慮した末、「冬は暖かく、夏は涼しく、快適な住空間を創りだす。」と言うコンセプトに基づいた北海道ならではの発想がもとでありました。

 

住空間において、1年間の間で一番負担がかかっている箇所と言えば、実は【外壁と屋根】なのです。
現在日本の住宅市場は、どうしても中身重視となっていますが、トータルコストと安全面、安心面に若干欠落していたかに思えます。例えば、耐震(直下型/横揺れ)・結露対策・断熱遮熱対策等です。

確かに一生の中で一番高い買い物ですから、室内にもこだわらなければいけないのは当然です。

 

しかしメーカーさんや工務店さんはどうしてもお客様の要望を重視してしまい、キッチンやお風呂場、内装にお金をかけてしまい外から家を守るという観点が薄れていたかに感じます。

その結果、後回しになりがちで、尚且つ最終金額調整をする箇所として残ったのが外壁部なのです。
これは、住宅市場アンケートの結果においてもお客様の声として外壁材の柄や厚さ、重量等は限られた中でしか選択できなかった。最後の最後に、「外壁材はこの材料の中より好きな色を選んでください」とメーカーより限定され勧められた。外壁材の柄や厚さ、重量等は限られた中でしか選択できなかった。と言う声がダントツに多いのです。
その後、何年か経って予想外の色あせや凍害劣化に直面し困っている方が多数いらっしゃるのが事実としてあるのです。

 

住宅を建設するにあたり当然、お客様側としても何が良くて何が悪いと言うことがご存知ない中で色々調べながら、打合せを繰り返し進行はしているはずです。しかし事実はどうでしょう。
何年か経つと必ず施主と施工業者との当初とは違う温度差が出てくるのです。
当然、現在進行型でメンテナンスをしっかりとやらせているメーカーさんもいるので心配ないと思います。

それ以外のお客様は実際のところどうしていらっしゃるのか?当然、いつ何をどうすれば良いのか?

どのようなところに依頼すれば良いのか?等々不安を抱えている方々が沢山いらっしゃると言うことです。

 

私の北海道の実家でも、築28年で8年前に塗装を2回ほどしていました。ちょうど3回目の塗装工事をやらなければいけない時期に差し掛かった時、私が建築業界に携わっていたので、塗装ではなくタイ ル金属サイディングの外張断熱工事をしたのです。
当然、両親も塗装工事以外わからない状況でしたので、初めて見る材料や工事方法に驚いていました。「最初からこういうのを知っていればよかった」と絶賛していました。

 

施工後、冬場の氷点下10℃の中、暖房設定温度を前年より低く設定しても部屋が暖かくなり、夏場の外気より伝わる熱を遮断し家の中が涼しくなったりと快適に過ごしています。

 

総合的な中でも何かにこだわり特化していかなければならない、いままでの経験やお客様からの教え、目の前の事実等を全て統合し、プロフェッショナルとしてより良い材料と経験を生かした技術をもって世の中に快適な住空間を提供していくことが私共の使命と考えています。

代表取締役 畑中 浩介